スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aki
スポンサー広告  

土偶展@東京国立博物館
久々に上野まで行ってきました。

特別展「土偶展」の会場はそんなに広く無いのに
大勢の人でごったがえしていました。

歴史の教科書などでおなじみの土偶ですが、
本物を見るのは初めてだった為か、
とても感動ました。

彫塑の面白さ、バランス感覚、
模様など様式の面白さ……
知っているつもりの有名な土偶でも、
ぐるりと廻って見てみると、
写真よりもずっと良いではありませんか!

何でも実物を見ないと分からないという事です。

こんな物を紀元前数千年の日本人(?)が作っていたのかと思うと
ちょっと愉快な気持ちになりました。

シンプルですが、力強く、ユーモアがあって……
同じ粘土を使ったとしても、今の我々が作るのは難しいのではないでしょうか?
彫刻家の友人に意見を聞いてみたいな、と思いました。

個人的には江別から出土した
平たい男女の形をした小さな土偶のペアが気に入りました。

ちなみに、国宝の「縄文のビーナス」など数点は
アトリエフレスカメンバーの一人が修復を手掛けたものなんです!


快晴の東博






スポンサーサイト
Aki
展覧会   0 0

thema:アート - genre:学問・文化・芸術


PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。