スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aki
スポンサー広告  

ライムライト
毎週行っている由緒正しき高円寺のビデオ屋さんAuviss。
最近は、「見ているようで、ちゃんと見ていななかった」映画を主に借りている。
(私の場合、最近の新作も含め、ちゃんと見てる自信が無いですが)

八月の終りから、チャップリンシリーズを連続で借りている。
和田誠さんの素敵なイラストのついた、名作シリーズである。


limelightvhs.jpg

昨日は「ライムライト」をみる。

この名作シリーズのすごいのは、
解説が淀川長治さんだ、という事。

そこで、淀川さんが実際にこの作品をハリウッドで撮影している時に
見学に行った話が書かれている。
感極まって泣いてしまった淀川さん。
優しく接してくれたチャップリン。

解説を読んでから本編を見ると、
チャップリンがこの作品に込めた思いが、
痛いほど感じられて、
ず~っと苦しくて仕方が無かった。

音楽もバレエも美しいし、
時折入る喜劇も楽しいのだが、
華やかな舞台の影にある、
数多くのの挫折の物語を思い、
辛かった。

それにしてもチャップリン、
すごいソングライターなのだと
今更ながら感心する。

ライムライトのテーマ曲と、
それに合わせて踊るバレエはとても素敵。

クレア・ブルーム本人じゃなくて、
ちゃんとバレリーナの吹き替えを使っている所も良いのだった。
(ブラックスワンを思い出して一言)

limelight.jpg
スポンサーサイト
Aki
映画のはなし   0 0

thema:最近見た映画 - genre:映画


PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。