スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aki
スポンサー広告  

蝉の羽化はすごかった
昨日はブログ書いているうちに羽化が始まり、
そのまま、じっくり観察しているうちに、
遅くなり、興奮疲れでそのまま寝てしまいました。

写真やテレビでは見て知っていましたが、
目の前で羽化を見ると、
何故だか感動してしまって、
すごいなぁ~~~
と改めて思ったのでした。

携帯で写真撮りまくったのですが、
見ている方が忙しくて、
ゆっくり撮影していないのがバレバレです。

面白かったのは、最初嫌がっていた手作りの脱皮台に、
最後は観念した様につかまって、羽化したこと。
ただ、バルサの棒だと、表面滑らか過ぎて、
足がかりにするには、ちょっと不安だったのですね。
最後、身体を殻から出す時に、
かなり反り返って脱出するのですが、
その時に、抜けがらの手の先が
きちんと止まっていないと、
危険なのだと分かりました。
(白いうちに下に落ちたら死んでしまったりするみたい)

今回、本当に片手でかろうじて止まっていたのですが、
途中気が気ではありませんでした。
自分で羽を広げて乾かす段階になったら、
脱け殻を自分で下に落として、
しっかり棒につかまっていました。
なかなか優秀!

グリーンと白の透き通る様な身体を見ると、
ガレは、こういうのを観察して作ったのかなぁ、
等と考えます。
あまりに美しい色と質感で、
虫だという事を忘れ、うっとりと見入っていました。

植物にも動物にも無い、美しい色合いが、
昆虫には有るのですね。
ヨーロッパでは昆虫柄が人気だったりしますが、
そんな美しさを認めているからなのだなぁ、
と実感。

といっても、最後まで蝉を手で触る事は出来ず、
夜寝る前に、台ごとベランダに出しておいたら、
朝には居なくなっていました。

日中公園の蝉しぐれの中を通り、
この中にうちの子も居るのだろうなぁ~
などと考えていました。

夜なのにわざわざ持ってきて下さった管理人さんと、
突然部屋で羽化してくれた蝉君に大感謝の夜でした。

semi5.jpg
思い切り反っていますがまだ出ません。

semi6.jpg
さらに身体が出てきて逆立ち状態です。

semi7.jpg
脱出成功して体制立て直した所です。お疲れ様。

semi8.jpg
徐々に色がついてきて、普通のアブラゼミになりかけの所。
色が薄くてカワイイです。
Aki
日常生活   2 0

thema:日々のつれづれ - genre:日記


お疲れさまでした。

蝉の羽化、ほんとにすごいきれいな色ですよね。

以前住んでいた家。
夜、帰宅したら玄関ドアで羽化の真っ最中。
なんてことがありました。
見たのはそれが最初で最後かも。
2011/08/10 23:56 | | edit posted by sayuri
ありがとうございます!
コメントありがとうございます。

あの不思議な質感と色は
気持ち悪いを通り越して美しいですよね。

絵の具で描く絵が到底到達できない、
色の奥深さを感じたひとときでした。
2011/08/11 00:09 | | edit posted by Aki














 

http://atelierfresca.blog65.fc2.com/tb.php/80-9a62a93b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。