スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aki
スポンサー広告  

春の美術館めぐり
ご無沙汰をしていました。
今日は四月の半ばなのに、冬の様な寒さでしたね。
これが終わったらもう真夏になってしまったりして。

日本の四季はもう無くなってしまうのでしょうか?
何だか怖いです……

さて、少し前になりますが、春の週末にまわって来ました美術館、博物館について
Sayuriがご報告します。

その1 江戸東京博物館

隅田川沿いを散歩しながら江戸東京博物館に行ってきました。
常設展示のみ、ゆっくり鑑賞しました。
休み中だったこともあり、子どもがたくさん。
休憩するイスや展示物の配置もゆったりしています。
家族連れにやさしい施設です。
ジオラマが多数展示されていました。写真OKでした。
社会科見学には最適です。

江戸東京博物館のジオラマ

その2サントリー美術館

六本木の東京ミッドタウンにある、サントリー美術館に行ってきました。
「和ガラス 粋なうつわ、遊びのかたち」
この展覧会オススメです。予備知識なしに行きましたが、江戸のガラスのその多様さ、
贅をつくした意匠に圧倒されました。
ガラスの鳥かご、雛人形の食器、かんざしなどなど。
恥ずかしながら今回東京ミッドタウンに初めて足を踏み入れました。
休日のせいもあり大変な賑わいでしたが、美術館に入るとそこは別世界でした。
Aki
展覧会   0 0

thema:アート - genre:学問・文化・芸術


ボルゲーゼ美術館展@東京都美術館
ボルゲーゼ美術館展に行ってまいりました。(上野の東京都美術館・4月4日まで)
展覧会終了後の4月5日から都美術館は大規模改修のため2年間休館するそうです。
ここは公募団体の展覧会が多数開催され、いつも多様な人々で賑わっています。
改修後の美術館が楽しみです。

大混雑の等伯展を先日見たばかりでしたので、今回はゆっくり鑑賞することができて
ほっとしました。展示作品そのものも大事ですが、展示されているスペースも大事だと
つくづく思いました。
展示内容はカラバッジョの最晩年の作品など。

展覧会の図録を買いましたが、どても立派な装丁でした。
それにしても近年の展覧会、ミュージアムグッズの充実ぶりには目を見張るものがあります。
つい買ってしまいそう・・・。

ボルゲーゼ美術館展図録

Aki
展覧会   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


長谷川等伯展
東京国立博物館で長谷川等伯展が始まりました。

没後400年の特別展で、ほとんどの等伯の作品が展示されるという事で、
やはりこれは見ておきたい、と雨の中出かけました。

しかし。。。
予想はしていましたが。。。
激混みでした。。。

会場内は通勤電車状態。
作品の前のガラスに近づいたが最後、後ろには引けず
周囲の人がじわじわと移動する速度に合わせて
横に流されていくしかありませんでした。
絵を見るにも東京では気力と体力を要します。

等伯の作品のいくつかは、学生時代の古美術研究旅行で、
特別に見せていただいたりしています。
でもあれからン十年、改めて見る作品は新鮮な驚きに満ちていました。
幽玄なあの絵も、筆で一発描き?みたいだったし。

本当の事を言うと、その絵が置かれていた場所で
その場の空間と共に鑑賞するのがベスト。
いつか又、そんな贅沢な鑑賞をしてみたいものです。

今回は東京での会期が一ヶ月弱。(その後京都へ巡回)
見て損は無いですが、まずは気合いを入れてお出かけ下さい!
Aki
展覧会   2 0

土偶展@東京国立博物館
久々に上野まで行ってきました。

特別展「土偶展」の会場はそんなに広く無いのに
大勢の人でごったがえしていました。

歴史の教科書などでおなじみの土偶ですが、
本物を見るのは初めてだった為か、
とても感動ました。

彫塑の面白さ、バランス感覚、
模様など様式の面白さ……
知っているつもりの有名な土偶でも、
ぐるりと廻って見てみると、
写真よりもずっと良いではありませんか!

何でも実物を見ないと分からないという事です。

こんな物を紀元前数千年の日本人(?)が作っていたのかと思うと
ちょっと愉快な気持ちになりました。

シンプルですが、力強く、ユーモアがあって……
同じ粘土を使ったとしても、今の我々が作るのは難しいのではないでしょうか?
彫刻家の友人に意見を聞いてみたいな、と思いました。

個人的には江別から出土した
平たい男女の形をした小さな土偶のペアが気に入りました。

ちなみに、国宝の「縄文のビーナス」など数点は
アトリエフレスカメンバーの一人が修復を手掛けたものなんです!


快晴の東博






Aki
展覧会   0 0

thema:アート - genre:学問・文化・芸術


| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。