スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aki
スポンサー広告  

中学生の夏休み映画その3
週に一本のビデオ。全開に続き夏休みシリーズ。
中学生の時に見ておきたい映画です。

今回は
「ポセイドンアドベンチャー」
パニック物としては
前回のタワーリングインフェルノより2年前の1972年に作られた本作。
どちらもアーウィンアレンの制作。
こちらの大ヒットを受けて、タワーリングインフェルノを作ったらしい。

豪華客船が航海中に津波に飲まれて転覆。
カウントダウンパーティーの会場が、
いきなり上下逆になり、一瞬にして大惨事となる。

そこで生き残った人達が、さらに命をかけて避難するのですが、
何処に逃げたらよいのか、そこに留まった方がよいのか、
生死の分かれ目が何度もかかれます。

自分だったらどういう判断をするのか、
怖くて震えて動けなくなるのか、
登場人物に我が身を置き換えては、
ひたすら息を詰めて見守る二時間。

あぁ~見応えたっぷりのパニック物でした。

最近のパニック物と比べると、
話がのんびりしているのが、逆に怖いです。
津波が近づき危機が迫っていても、館内放送も無く、
なにが起きたかわからないまま、船内に閉じ込められ、
何回も起きる爆発、迫ってくる海水。

今時の映画なら、CG使ってもっと悲惨な死に方を見せるでしょうし、
話の展開が、ジェットコースターみたいに、話はスピーディーに進むでしょう。
でもそうじゃないからこそ、じっとりと怖い二時間を体験できます。

主演のジーンハックマンはマッチョ系牧師。
今見るとちょっとオッサンくさいけれど、
誠実で強くてカッコイイ事は確か。

わきを固める人たちもなかなか個性豊かで素晴らしい。
私が一番好きなのは、シェリーウィンター演じる、
かなり太めのご婦人。
他のキャストを食うぐらいの存在感である。

poseidon-shelly.jpg
ただのおばさんみたいだけれど、実はカッコイイ

poseidon-tutto.jpg
このメンバーで逆さになった船内を避難。最後まで残るのは……
Aki
映画のはなし   0 0

thema:最近見た映画 - genre:映画


「乱れる」と「乱反射」
引き続き映画「乱反射」の話です。

※今回少しネタばれかもしれない事を書きました。
気になる方は映画を見てから読んで下さい!!


昨日三浦貴大がすごい!と書いたが、
今日になっても、その気持ちは収まらず……
もう一回見てみようかなぁ~
思っている自分に驚く。

ところで、タイトルの「乱れる」は
成瀬巳喜男監督の1964年の作品。

寡婦である高峰秀子を慕う義弟を、若き日の加山雄三が演じている。
二人は列車に乗って温泉町へと出かけて行くのだが、

今回の映画「乱反射」で、若い二人が列車に乗っているシーンで、
唐突に、「乱れる」の列車シーンを思い出したのだ。

その夜の展開も又「乱れる」を思い出す印象的な場面が続く。
(三浦貴大君の演技が光る)←ここだけ君付け

ただしその後の展開は、
青年の祖母の家へとシーンが変わり、
(このお祖母さんの描きかたが、ちょっと今風で面白い。
田舎町の人だが、とてもモダンで美人で爺様にモテるという設定)
作品の空気自体もガラッと変わってしまう。

そう考えると、
序盤→短歌を詠む少女のエピソード
中盤→乱れる的展開
終盤→祖母の町のエピソード

と三つに分かれてしまっている様な気がする。
台本的にどうなんだろう?という思いもするのだが、
もう、そんな事はどうでも良いのである。

それを超えるぐらい、役者が魅力的に描かれている。
そういう意味でこの作品は後世に残るかもしれない。
(タンポポの渡辺謙よりも貴重かも)

midareru.jpg

ranhansha2.jpg
Aki
映画のはなし   0 0

thema:日本映画 - genre:映画


「乱反射」
今公開中のこの映画(二本立て)
当初の予想を裏切って、
かなり良かった!
特に「乱反射」は何気ないシンプルな作品だが、素晴らしい。

監督、スタッフは、去年の春公開された、
実写版「時をかける少女」のメンバーだそうだ。

ポスターに 「全部美玲」 と有る様に、
二本ともセブンティーンのモデル、桐谷美玲が主役。

これから、仲里依紗みたいに、
桐谷美玲も売れっ子になるのだろうか。

唇が薄くて、ちょっとへの字な所がチャーミングな、
超スリムで、お人形さんみたいな体型の女の子である。
(音だけ聞くと、北原ミレイを思い出す。
クラシックな名前である)

しかし、
今回私が驚いたのは、桐谷美玲のの相手役、
三浦貴大の素晴らしさである。
(三浦友和、百恵さんの次男坊)
確か、リポビタンDのCMに出ている人で、
ケインコスギの弟みたいな感じの人だと思っていたが……

この役の彼が良いのか、彼自身の才能が光っているのか、
とにかく、何とも言えない存在感!
セリフの無いシーンで、こんなに素敵な演技が出来る若い人、
めったに居ない!
この先、もしかして、すごい役者になるかもしれない、
そんな想像までしてワクワクしてしまいました。

この映画、もうひとつ良かったのは、脚本だと思う。
続きは明日……

ranhansya.jpg
Aki
映画のはなし   0 0

thema:日本映画 - genre:映画


まほろ駅前多田便利軒
今年、映画館でも見た映画としては、
二本目の邦画。

原作は、三浦しをんさんの同名の直木賞受賞作。

三浦さんの書くエッセイが大好きで、
愛読していたのだが、実を言うと小説は未読。
何となく敬遠していた。

そして、映画化したのは、大森立嗣監督。
あの麿赤兒のご長男だと後で知った。
本作ではお父様と弟さんも出演。

で、作品。
言っていいですか?
丁寧に描いていて、ディテールはとても良い感じなのだが、
話が流れて行かないというか、テンポに難があるように感じた。

それと、どうしても気になるのが、瑛太は良いとして、松田龍平である。
本来は、ちょっとカッコイイ男二人のやり取りが描かれているはずなのだが、
何だか違うのだ。
この役の松田龍平は、微妙にカッコ悪くて……
それがちょっと気になって話に集中出来なかったなぁ~

(芝居は上手いし、とても存在感は出ていたのだが、
私の中の松田龍平のイメージがそれを許さなかったのかも)

まほろ駅というのは町田駅の事なんだが、
あの町田駅をこんな風に表現する三浦さん(町田在住)もすごいなぁ、と改めて感心。

この作品、町田で多くのロケを行っている。
私にとって町田は、去年の夏以来、ちょっと縁のある場所になったので、
知っている場所が出ると何だか懐かしい気持ちになった。
私の好きな芹が谷公園の噴水も出ています!!

mahoro.jpg
このチワワ、すごく芸達者。かわいい。
Aki
映画のはなし   0 0

thema:日本映画 - genre:映画


夏休み映画その2【中学の時に見た映画】
またもや、由緒正しきビデオ屋さんで借りた映画の話です。

正直こうやって書き残さないと、
何を見たのか、すっかり忘れてしまう事が分かっています。
私の場合特にタイトルを覚えている事が出来ません。
それぐらいメモしとけよって話ですが。

あ、ビデオ屋さんの名前は、
以前にも書いたかもしれませんが、
Auvissと書いてオービスと読む、
高円寺北口にある素敵なお店です。

Auvissには、スティーブマックイーンを集めたコーナーがあり、
パピヨンを見た勢いで次もそこから借りました。

次は、怖い映画、
「タワーリングインフェルノ」
です。

うちの夫は生まれて初めて映画館で見た映画が
これだ、と言っていました。
(歳がばれますが、多分中学生の時)
とにかく、公開当時、流行ったのです。

私はテレビやビデオでちょろちょろ見ただけで、
実は全編続けて見た事が無かったので、
今回はうちに居る中学生一名と一緒に見る事にしました。

ご存じの方が多いと思いますが、
やっぱり怖いです!!

現実問題、今だって起きそうな設定なのが、
メチャクチャ怖い。

安全性より金儲けを選ぶビルのオーナー。
事故を命がけで鎮めようと、自らの命を犠牲にしても、
助けようとする消防士。
多くの犠牲者は何も知らない善良な市民。

今もどこかで起きている様な話です。

ポールニューマン演ずる建築家が、
仕様を外れる設備工事をしているのに、
オープンまで気付かなかった、
というのは、工事監理を怠ったとして、
今なら罰せられるでしょうが
当時はきっとそんな法律も無かったのでしょう。

当時のアメリカの法律がどの様な物だったか、
そして、今日までにどれだけ改良されてきているのか……
でも、事故は必ず想定の外で起きるわけですから、
建築物というのは、人名をあずかる大事な役目を負っている事を
もう少し自覚して、本業の人は頑張って欲しいなぁ、
なんて思いました。

建築やる人は、かならずこの映画を定期的に見ると良いよ。
自分のやってる事がいかに責任重大か、
時々襟を正す必要があると思う。

さて、この映画、
時代を感じさせるなぁ、と思うのは、
パニック映画なのに、
途中の時間の流れが、やけにゆっくりな所。
避難の指示までもが、
何だかやけに優雅で、のんびりしている。
だからと言ってその後のシーンは容赦無い。

この対比が、監督の意図だったのでしょう。
特にヒロイン含む、ロングドレス姿の女性達が、
外部エレベーターに乗ったまま、
宙づりになってしまう所なんて、
とても上手く出来ていて、ホントに怖いです。
カゴのガラスも割れて、斜めに傾いて揺れていて、
既に一人放りだされて……
遊園地も真っ青のオソロシさ。

中学生と最後まで夢中になって見て、
ふと我にかえって、
「こんなの中学生に見せて良いのだろうか?」
とふと思いました。
ま、昔の中学生も平気だったのだから、大丈夫でしょう。

Auviss店長さんは、この映画を見た後、
プラモデルまで買ってもらって持っていたそうです。
一体どんなプラモデルだったのか、気になります。
ネットで探してみましたが、見つからなかった~
ご存じの方いたら教えてください!

(ただのビルの形じゃ芸が無いから、
炎のパーツとか付いてたのかな?)

以上、スティーブマックイーンの話はしないまま終わります!

tweringainferno.jpg
Aki
映画のはなし   2 0

PREV | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。